これが恋だと言うなら どんなにくるしくても 僕はかまわない こんな気持ちになって 愛している人とどんなことがあっても一緒にいる こういう気持ちを久しく忘れていました 優しくはされているというよりも 生まれてこの方一度もこんな気持ちになったことはありませんでした でも今回糖尿病になってどんなにくるしくても どんなに闘病生活がつらくても 嫁と一緒にいられるなら 頑張ろうという気持ちになりました 何を頑張るかというと 本当に生きるということ がんばるということです 私は幼少期に本当に辛い時送ったので 三つ子の魂百までも といいますが 辛い幼少期送りました 生きていたくない という気持ちそれでももうす43才になりました それで せっかく生きてきて 嫁と知りあって 確かに本当に足りない事がある嫁ですが 私のことをひたすら愛してくれている 私は確かに不安もありますが 完璧ということはありません 生きていこうという気持ちで今は一生懸命です

コメントを残す