嫁の名前

私は命をそまつにしようとした時に それでもさすがやろー と思って 嫁の名前を呼んでいたそうです 何度も何度も呼んでいたそうです 嫁が後で言っていました 自分の名前ではなくて おかあさんおかあさんといっていたら 私の手にはおえないなと でも私が読んでいたのは お母さんではなくて 嫁の名前でした 私は今 感情的には 嫁のことを愛していません 憎しみもありません つまらない人だなと思っています 教養があるわけでもないし 品性があるわけでもないし 学問があるわけでもないし 習い事があるわけでもないし 料理が得意ではあるけでもないし 掃除もできないし 洗濯もできないし 片付けも何もできません 嫁のお母さんは 嫁が7才の時に 嫁を捨てて家を出て行きました 嫁が何も出来ないのは お母さんが教えてくれなかったからかな と思います 嫁にかく金がないのは お金がなくて高校に行けなかったからかな と思います 嫁に習い事がないのは お金がなかったからなんだなと思います そう考えると 本当にかわいそうだなあと思います それでも嫁は 前の結婚をしているときに 大分 はぶりのよい生活をしていました 私はそのことを聞いて 本当に気持ちがさめてしまいました

コメントを残す